PCが苦手でも自分でサイト作れますよ!

セキュリティ万全!安全なサイトにするために!?

┣ SEO対策

SLLって言葉、聞いたことありませんか!?

または、サイトのアドレスでこのような文字を見たことありませんか?

「保護されてない通信」なんて文字をみると、不安になりますよね!?

 

実際に危ないんですよ!

インターネット上のやり取りを、盗み見られる可能性があります。

 

それを、出来ないようにしてくれるのが、SLL(Secure Sockets Layer)というものなのです。

SLLは、インターネット上のやりとりを暗号化してくれて、どんなやりとりをしているのか、わからなくしてくれます。

 

 

 

暗号化された情報は、サーバーで復活させてくれますので、途中で盗み見されることなく安心です。

という訳ですので、自分のサイトに訪れてくれる方が、安心してサイトを見てくれるように、ホームページのSSL化を致しましょう!

では、その方法ですが、サーバーによって若干違いがあります。

今回は、サーバーの契約の時に設定した、ColorfulBoxで説明したいとおもいます。

サーバー契約、ドメイン決めて、WordPressをインストールしましょう
...

 

ColorfulBoxでSLLを設定

無料だよ

表示されるか確認

ホームページのURLの先頭を「https://」に変更してアクセスし、ホームページが表示されることを確認します。

(例)http://example.com/ → https://example.com/

SLL化してないサイトのアドレスの先頭は、httpとなってます。

それを、「s」をくっつけて、httpsにします。

WordPressの管理画面で設定

表示されるか確認後、wordpressの管理画面に入ります。

 

➀「設定」→「一般」へと進みます。

このような画面が出たら

 

②「WordPress アドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」のアドレスを変えます。

(例)http://example.com/ → https://example.com/

変えたら、一番下の「変更を保存」を押します。

 

すると、また、wordpressの管理画面に入るためのぺージになります。

③「ユーザー名」と「パスワード」を入れてログインしてください。

サーバーの管理画面での変更

もう一か所、変更場所があります。

 

➀サーバーの管理画面に入ってください。

下の方にスクロールしてください。

 

②「ソフトウェア」という場所の「Installatron Applications Installer」をクリックします。

下記の画面になります。

 

③マイ・アプリを押して、スパナ・マークの「表示/編集詳細」をクリックします。

 

④「高度な」をクリックします。

すると、次の画面が出てきます。

「場所のURL」という場所をチェック。

ここは、まだ、「http」になってると思います。

白いスペースをクリックすると

選択できるアドレスがあらわれます。

 

⑤「https]のアドレスを選び、画面下の方にある「全て保存」をクリックします。

 

アドレスに鍵マークが出ていれば成功です!

 

完了です。お疲れさまでした。

他のサーバーをお使いの方

サーバーごとによって、SLL化は違います。

ご自分のサーバーでのやり方をお知りになりたい場合、サーバーごとにヘルプサイトがあると思います。

その場合「サーバー名+ 独自SSL設定」で検索すると、やり方の説明が出てくると思います。

一見、難しめなイメージですが、することはそれほど大変ではないので、ぜひチャレンジしてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました